価格は当然下がる

壊れているカメラでも売れるジャンク品の買取りサービスを実施している業者ですが、当然正常に動作するカメラに比べれば、買取り価格は下がってしまいます。問題はどれぐらい下がるのかという点ですが、カメラの種類やどこが壊れているのかによっても変わってきます。同じモデルで使用可能な商品の買取価格から、だいたい5000円以上は減額になると考えておきましょう。それでも壊れている物が売れるのですから、買取りしてもらうメリットはあります。

査定もし壊れているカメラに付属品がある場合には、一緒に売ってしまった方がよいでしょう。壊れているカメラの場合、あまり付属品の有無で買取り価格に影響することは少ないでしょうが、業者によっては付属品がある方が、多少なりとも高く売れることがあるのです。ジャンク品の場合には、故障している箇所によっても値打ちが変わってきますし、場合によっては残念ながら売れない可能性もあります。

なぜ故障箇所によって売れなくなることがあるのかというと、業者が欲しがっている部品が使えなくなっているからです。逆に業者が欲しがっている部品がとても貴重で、よい状態であれば、ある程度高い値段で買取りしてくれることも珍しくありません。素人ではどのような部品が高く売れるのか判断するのが難しいので、まずは査定をしてもらいましょう。